・ソ 同じレーザー脱毛でもレーザーに違いがある

同じレーザー脱毛でもレーザーに違いがある

ムダ毛の処理が大変になってくるとやりたくなるのが全身脱毛です。


毛穴の目立たないツルツルのお肌になれるのはとても魅力があります。


レーザー脱毛の施術では主にレーザーを使って脱毛処理をします。

レーザーを使い、毛の根の部分にある毛乳頭という部分の細胞に働きかけ、毛を生えないようにするものです。

医療レーザー脱毛の口コミに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

このレーザーにおいて強力なものとそうでないものがあります。

強力なレーザーというのは美容皮膚科などのクリニックでの使用が許されたもので医療レーザーとも呼ばれています。

この医療レーザーでは毛乳頭の細胞の破壊ができ、完全に毛が生えないようにすることができます。

いわゆる永久脱毛と呼ばれるものです。



そうでないものというのは決して効果がないわけではなく、細胞を壊すまではいかないにしても細胞を傷付けるのを役目としたレーザーです。
定期的に通うことで毛が生えないようにでき、エステや脱毛サロンと呼ばれるところで使用されています。
どちらもレーザーですが、威力の違いから施術後の生活が少し変わってきます。
医療レーザーは、5回ほどの施術をすれば永久的に生えてくることない肌にすることができ、それ以上来院する必要がいらないそうです。

またサロンのレーザーは通い続けることで脱毛を可能にします。通わなくなるとほぼ毛が生えてくるので注意が必要です。


同じレーザー脱毛ですが、仕上がりも医療レーザーのほうが毛穴が目立たず美しいとあります。

レーザー脱毛でもレーザーの違いを知り、施術を受けると後悔のない脱毛ができそうです。



ぜひ参考にしてみてください。